高価なものではなく、正しいものだけを選択しますか? QURATTA滑り止めシームレスハンガーキングと従来のハンガーのどちらを選ぶか?

2021-01-22 09:45:33 admin

今日、生活環境の急速な発展に伴い、食料、衣類、住居、交通機関のすべての側面が従来の基本的なニーズを取り除きました。特に限られた居住空間では、どのように生活の快適さを最大化するかは、すべての人の集中の結果です。 クローゼットのスペースが狭すぎて、服が変形しやすく、ぴったりとフィットする服が滑りやすく、生活の細部に気を配るすべての女性がさまざまな問題に悩まされることがよくあります。本日、QURATTAの滑り止めシームレスを選択しました。機能評価のために市場に出回っているハンガーキングと伝統的なハンガー。 


图片关键词


Round 1:変形防止効果の比較 


ウールとカシミアで作られたセーターの中には、生地の繊維が壊れやすいため比較的壊れやすいものがあります。従来の鉄線とプラスチック製のハンガーサポートは肩の膨らみを形成し、不可逆的な「一般的な肩」を形成し、多くのVネックの襟も影響を受けます。長い間重力によって。今、ネックラインはますます引っ張られます。 QURATTAノンスリップノンマーキングハンガーキングは、肩の弧を模しており、フレームが薄いため、ソフトなサポートに加えて、植毛による摩擦があり、重力の影響で衣服が引っ張られることはありません。滑り落ちて、肩や首の変形の問題を効果的に回避します。 


图片关键词

滑り止めのシームレスハンガーキング 


Round 2:滑り止め効果の比較


シルクやサテンの生地は肌にやさしく快適な着心地を提供しますが、この種の衣類の保管が問題になっているため、湿気、虫、ひだの恐れは吊るすしかありません。 しかし、それがワイヤープラスチックであろうと木製ハンガーであろうと、滑り止めのこの機能を達成する方法はありません。 QURATTAノンスリップノンマーキングハンガーキングは、表面に綿毛の層があり、柔らかく繊細なベルベット素材は、衣服を支えて滑りを防ぐための優れた摩擦を提供するだけでなく、綿毛と衣服の接触を使用して衣類を長時間ぶら下げてしわができるのを防ぐために、一定の緩衝力を提供します。 


图片关键词

Round 3:スペース効果のパーセンテージ


ほとんどの人は肩の変形をある程度防ぐことができる木製ハンガーを好みますが、重さと厚いボリュームは使用中の女性にとって非常に不親切であると同時に、限られたワードローブスペースで占有するスペースが大きすぎて非常に不便です。 従来のプラスチックや鉄のワイヤーハンガーはある程度スペースを節約できますが、職人技と素材のため、滑り止めや変形防止の役割を果たすことはできません。 QURATTAノンスリップノンマーキングハンガーキングを選択すると、2種類のハンガーの利点を有機的に組み合わせることができます。スリムで軽量でありながら、滑り止めと変形防止です。テスト結果により、ワードローブのスペース。  


图片关键词


Round 4:費用対効果の高い対決


良いハンガーは、ハンガー収納の日常のニーズを満たすだけでなく、耐久性と費用対効果も消費者によって考慮されなければなりません。木製ハンガーの全体的な市場は比較的高いですが、良い材料と悪い材料も湿っていると見なされる必要があります。これらの要因のために、ワイヤープラスチックハンガーは比較的安価ですが、それ自体では達成できない滑り止めと変形防止の欠点は、消費者の衣類ケアのニーズを完全に満たすことができません。 QURATTAノンスリップノンマーキングハンガーは、ABSとベルベットを巧みに組み合わせており、1枚のリジッドと1枚のソフトが収納をサポートするだけでなく、植毛面を介した滑り止めと変形防止の目的を達成します。さらに、価格の面でも、それは木よりも優れています。プラスチックを使用すると、本当の意味で夜の経済性と実用性の完璧な融合です。


图片关键词


上記の4ラウンドの後、誰もがQURATTA滑り止めシームレスハンガーキングの新しい見方と理解を持っている必要があります! 全体として、効果、実用性、費用対効果の観点から、生き方を知っている編集者にとって、個人はワードローブに毎日保管するためのツールとして、そしてブランドの選択のために、群がるハンガーをより積極的に選択します。日本生まれのプロフェッショナルストレージQURATTAは、素材、機能、仕上がり、価格の面で検討する価値があります。